高校野球の第69回徳島県秋季大会第5日は25日、鳴門オロナミンC球場で2回戦2試合が行われ、川島と脇町が勝ち、8強が出そろった。川島は12-4で板野を八回コールドで下し、脇町は8-7で海部に競り勝った。アグリあなんスタジアムで予定されていた準々決勝2試合は、雨によるグラウンドコンディション不良のため、10月1日に順延された。大会第6日の1日は、鳴門オロナミンC球場とアグリあなんスタジアムで、準々決勝が2試合ずつ行われる。

...    
<記事全文を読む>