高校野球の第69回徳島県秋季大会は19日、鳴門オロナミンC球場とアグリあなんスタジアムで1回戦6試合が行われ、生光学園は2―1で城北にサヨナラ勝ちした。城東は10―1で名西に大勝した。このほかの4試合はいずれもコールドゲームとなり、鳴門渦潮は10―1で城西を七回で下し、阿南工は12―1で那賀を六回で退けた。2試合は五回で決着がつき、富岡西は13―0で辻、城南は11―1で徳島市立を破った。大会第3日の22日は両球場で1回戦残り5試合と2回戦1試合が行われる。

...    
<記事全文を読む>