第69回徳島県高校野球秋季大会(県高野連主催、徳島新聞社など後援)は17日開幕し、昨年より1校少ない30校が延べ8日にわたって鳴門オロナミンC球場とアグリあなんスタジアムで熱戦を繰り広げる。県勢3年ぶりとなる来春の選抜大会出場への第1関門。順調に日程を消化すれば、10月2日に3位決定戦と決勝が行われ、松山市で開かれる秋季四国地区大会に出場できる3校が決まる。

 優勝争いは投打に安定感がある鳴門渦潮が一歩リードしている。だが、その他は戦力が張り合っており混戦模様。夏の甲子園で8強入りした鳴門、新人大会で各ブロックを制した強打の小松島、投手陣を中心に粘り強い城東、池田などの前評判が高...    
<記事全文を読む>