秋季中国地区高校野球大会の県予選を兼ねた県体育大会高校野球競技(県高野連など主催)は15日から、県内4球場で58チームが参加して行われる。光丘と山口徳佐は合同チームとして出場。夏の甲子園に初出場を果たした高川学園は1回戦で柳井学園を迎え撃つ。夏の大会で準優勝だった宇部鴻城は西京―下関中央工の勝者と戦う。また8月の新人大会で各地区をそれぞれ制した光、防府商工、豊浦も優勝争いに加わりそう。20日まで各球場で地区予選があり、勝ち抜いた8チームによる県決勝大会は24日―27日に下関球場(下関市)である。上位4チームは10月28日から下関球場とユーピーアールスタジアム(宇部市)で行われる...    
<記事全文を読む>