来春の選抜大会につながる島根県高校秋季野球大会第3日は19日、江津市民球場など2会場で2回戦4試合があり、出雲、立正大淞南、隠岐、大田が勝ち上がり、16強入りした。連合チームの江津工・浜田水産は、出雲に0-10の五回コールドで敗れた。松江市営野球場で予定されていた出雲農林-松江商、開星-邇摩は雨のため22日に延期された。  延期の2試合を除き、3回戦以降の組み合わせが確定。大社は益田東、出雲は益田翔陽と対戦する。3回戦は23、24日、県立浜山球場と松江市営野球場で行われる。

...    
<記事全文を読む>