市川は4番で捕手の永良が攻守にけん引し、大勝した。五回2死二、三塁の好機に「インコースの球をチームとして徹底し、狙っていた」と迷いなくバットを振り、中堅の左を鋭く抜く先制の2点適時打。これで勢いづいた強打線は、この回一挙7点を奪った。

 守っては五回1死満塁のピンチに「打たれない配球を意識し、(先発の山下に)ワンバウンドを要求した」。フォークで三振を奪うと、続く打者も邪飛に仕留めた。今夏の兵庫大会8強の原動力となった多彩な3年生左腕が抜けた穴を感じさせない戦いぶりだった。(小川康介)

...    
<記事全文を読む>