第137回北信越地区高校野球福井県大会の3位決定戦は27日、福井県営球場で行われ、福井工大福井が羽水を10―1で下し、北信越大会の出場権を獲得した。福井工大福井の秋季北信越出場は4年連続。春季を含めると7季連続。

 羽水 000 000 010…1 001 009 00X…10 福井工大福井 ■羽水 佐藤、藤田悠、山本、岩佐―藤田悠、海崎、藤田悠 ■福井工大福井 加藤―大上 福井工大福井は三回、1死一、三塁から西村の中犠飛で先制。六回には四球押し出しで2点を奪うと、大上の犠飛や北川の適時二塁打などで次々と加点。この回打者13人、9得点で試合を決定づけた。

 先発加藤は11安打を浴び...    
<記事全文を読む>