第137回北信越地区高校野球福井県大会第4日は21日、福井県内2会場で1、2回戦を実施。福井県営球場第1試合(1回戦)は、美方打線が14安打と爆発、勝山を7―0で7回コールド勝ちして2回戦へ進出した。

 勝山 000 000 0…0 000 610 ×…7 美方■勝山 前川、高野―義岡■美方 後藤、向井、磯野―大木、田中海 美方は四回、二塁打と内野安打などで無死一三塁とすると、9番山岸龍己の内野安打が相手守備の乱れを呼び先制。さらに2死満塁から4番芝大貴が一塁強襲の適時打で2点を追加した。大木翔斗と山口海聖も適時打を放つなど一挙6点を上げた。五回にも守備の乱れから1点を奪った。

 ...    
<記事全文を読む>