第137回北信越地区高校野球福井県大会は17日、県内2会場で1回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第2試合は、武生商業が8―1の7回コールドで金津を下し、2回戦へ進出した。

 金津 100 000 0…1 003 500 X…8 武生商業 ■金津 川端哲平、斉川隼大―高桑篤耶 ■武生商業 前澤佑哉―城野達哉 1点を先行された武生商業は三回、2死一、三塁から内田和希の左越え適時二塁打で同点。続く城野達哉の右前適時打で2点を加え、逆転した。四回には野村健吾の適時打で1点を奪った後、2死満塁から城野が右前に放った当たりが失策を誘い4者生還。突き放しに成功した。

 先発した右腕前澤佑哉が...    
<記事全文を読む>