秋季県高校野球大会(岐阜新聞・ぎふチャンなど後援)第5日は24日、大野レインボーで準決勝を行い、多治見(東濃1位)が益田清風(中濃・飛騨9位)に6-5で逆転サヨナラ勝ち、麗澤瑞浪(東濃2位)は延長十二回、3―2で美濃加茂(中濃・飛騨1位)を下し、ともに初の東海大会出場を決めた。

 多治見は九回裏、連打を足場に四死球や犠飛などで1点差とし、1死満塁、山田智也がサヨナラ2点適時打を放った。麗澤瑞浪はエース伊藤智紀が美濃加茂・池戸昇太と投手戦。十二回2死二塁から水谷雅貴の右前決勝適時打で競り勝った。

 最終日は10月1日、長良川球場で午前10時から東海切符を懸けた3位決定戦・益田清風―美...    
<記事全文を読む>