第69回秋季高校野球静岡県大会第4日は10月1日、草薙球場で静岡(中部1位)―聖隷クリストファー(西部5位)、東海大翔洋(中部5位)―藤枝明誠(中部2位)の準決勝を行う。勝者は東海大会の出場権を獲得。敗者は2日の3位決定戦で残り1枠を争う。

 静岡と聖隷クリストファーは、ともに投打がかみ合って勝ち上がってきた。両校エースの立ち上がりが鍵を握りそうだ。

 静岡の打率は4強入りしたチームで最高の3割4分4厘。7割5分の森、6割超の大石、藤田が引っ張る。2試合で長打5本と派手さはないが、計13犠打と小技や足を絡めて1点をもぎ取る。左腕池谷は18回でわずか5安打2失点。右腕竹内も万全の状態...    
<記事全文を読む>