来春の選抜大会につながる第69回秋季高校野球静岡県大会が17日、草薙など4球場で開幕し、1回戦9試合を行った。飛龍(東部4位)―掛川西(西部5位)は、飛龍が延長11回の末、昨秋覇者の掛川西を下した。今夏の王者、常葉菊川(西部3位)は1年の右腕漢人友也の好投で、富士宮西(東部5位)に競り勝った。中部5位の静岡学園と駿河総合、西部5位の聖隷クリストファーと掛川東なども初戦を突破した。

 大会第2日は18日、各地区1位校が登場し、4球場で2回戦8試合を行う。

 ■17日の結果(1回戦) 飛龍 5―4 掛川西(延長11回) 東海大翔洋 7―1 伊東 聖隷クリストファー 5―4 清水桜が丘 ...    
<記事全文を読む>