(29日・県営大宮ほか) 第4日は準々決勝が行われ、浦和実、浦和学院、春日部共栄、花咲徳栄がそれぞれ勝ち、準決勝に進出した。

 浦和実は立教新座を5―4で下した。延長十一回に2死一、二塁から小田が右前打を放ち、6年ぶりのベスト4に進出。春日部共栄はふじみ野に3―2で競り勝った。1点を追う七回、高橋、川畑の適時打で逆転した。

 4季連続の甲子園を目指す花咲徳栄は本庄第一に6―5と辛勝。同点の五回に高井の適時二塁打で勝ち越しに成功した。3連覇を狙う浦和学院は星野を9―2と七回コールド勝ち。蛭間がソロ本塁打を含む3安打5打点と活躍した。

 準決勝は国体期間を挟み10月8日、県営大宮で浦和実―...    
<記事全文を読む>