来春の選抜大会出場につながる高校野球の秋季関東地区大会群馬県予選は24、25の両日、桐生市の桐生球場で準々決勝4試合が行われ、4強が決まる。

 3季連続優勝を狙う前橋育英、準優勝に終わった夏の雪辱を期す健大高崎、秋連覇を目指す樹徳の強豪私学のシード勢が順当に勝ち上がった一方で、公立校の前橋西は初めての8強入り。

 高経附、常磐、高崎、高崎商大附にも上位進出のチャンスは十分にある。

...    
<記事全文を読む>