第69回秋季県高校野球大会兼秋季関東地区高校野球大会県予選(県高校野球連盟主催、下野新聞社など後援)は27日、清原球場で準決勝2試合を行う。決勝戦に進む2校は、来春のセンバツにつながる本県開催の関東大会(10月22日から延べ5日間)の出場が確定、負けた2校は第3代表権を懸け3位決定戦(9月28日)に進む。 4強はシードの白鴎足利、青藍泰斗、作新とノーシードで勝ち上がった石橋。第1試合(午前9時開始予定)は55年ぶりの4強入りで勢いに乗る石橋と連覇を狙う白鴎足利が火花を散らす。第2試合(第1試合終了40分後)は、春秋連続の関東大会出場を狙う青藍泰斗と夏の甲子園を制した作新が激...    
<記事全文を読む>