第69回秋季県高校野球大会第9日は25日、清原球場で準々決勝の残り2試合を行い、青藍泰斗と作新が準決勝進出を決め、ベスト4が出そろった。

 青藍泰斗は一時、宇都宮に1点差まで迫られたが、再び突き放し7-4で勝利した。

 作新は国学栃木と対戦、4-0で完封勝ちした。

 準決勝に進出した作新は10月から岩手県で開催される国体にも出場するため、予定されていた10月1日の準決勝2試合は今月27日、10月2日の3位決定戦と決勝は今月28日に行われることが決まった。

 ともに清原球場で、最初の試合は午前9時開始となる。

...    
<記事全文を読む>