第69回秋季県高校野球大会兼秋季関東地区高校野球大会県予選(県高校野球連盟主催、下野新聞社など後援)第4日は17日、県営球場ほかで2回戦8試合を行い、文星付や白鴎足利などが3回戦進出を決めた。

 今大会初登場のシード文星付は黒磯と対戦。六回、林田正大(はやしだまさひろ)の右前適時打で勝ち越すと、七回にも中川怜旺(なかがわれお)の中前適時打で1点を加え、3-1で逃げ切った。

 昨秋覇者の白鴎足利は初回、秋智也(あきともや)の適時三塁打で2点を先制。七回には二死満塁から中村陸人(なかむらりくと)の左中間へのランニング本塁打で一挙4得点をあげ、7-1で足工に快勝した。このほか真岡、足工大...    
<記事全文を読む>