来春の「センバツ」出場への第2関門となる第68回秋季東北地区高校野球福島県大会は16日、会津若松市のあいづ球場で開幕した。支部予選を勝ち上がった28校に、夏の甲子園に出場して支部予選を免除された特別枠の聖光学院を加えた29校が上位3校に与えられる東北大会の出場権を争う。

...    
<記事全文を読む>