第69回秋季東北地区高校野球県大会は16日、中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(荘銀・日新スタジアム=県野球場)で開会式を行い、開幕した。引き続き同球場と天童市スポーツセンター野球場(天童SC)で1回戦4試合を行った。

 開幕試合の東海大山形―長井は、東海大の先発鈴木陽斗が4回を被安打1と長井打線を寄せ付けず12―0で五回コールド勝ち。新庄東は1点を追う九回表に8番末窪真人の適時打で逆転に成功し、3―2で寒河江工を破った。山形城北は4番鈴木大斗ら上位の安打で得点を重ね、酒田東を9―2で下した。山形東は四回裏に1番築地健人の適時打などで4点を入れ突き放し、7―2で鶴岡工を...    
<記事全文を読む>