秋季県高校野球選手権は17日、青森市の県営球場で開会式を行い開幕。同球場と黒石運動公園、六戸メイプルの3球場で1回戦5試合を行った。青森商は同点の六回、打線がつながり勝ち越しに成功。5-1で八戸商に勝ち2回戦に進んだ。秋の県大会初出場の聖ウルスラは、11-1でむつ工に七回コールド勝ち。2008年の創部以来、県大会初白星を挙げた。そのほか東奥義塾、青森、三本木が次戦に駒を進めた。第2日の18日は3球場で2回戦8試合を行い、ベスト8が出そろう。

...    
<記事全文を読む>