東京五輪の男子ケイリン、スプリント代表の脇本雄太(日本競輪選手会)が16日、名古屋市の名古屋競輪場で行われた競輪のオールスター(G1)決勝に出場し、9選手中2着だった。多くの選手に警戒される中での惜...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 競輪TOPへ