日本自転車競技連盟は4日、1年延期された東京五輪のトラック種目の代表6選手を発表、競技発祥国として地元五輪で悲願の金メダルを狙う男子ケイリンは、競輪選手の脇本雄太(31)と新田祐大(34)=ともに日...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 競輪TOPへ