柔道男子日本代表の井上康生監督が21日、共同通信の電話取材に応じ、東京五輪が来夏に延期された後の近況について「全員が苦しくもどかしい時期だが、今は何事も我慢だ。日程を逆算し、できる範囲の中で積み上げ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ