全日本柔道連盟(全柔連)の山下泰裕会長は13日、事務局で勤務する役職員12人が新型コロナウイルスに感染した事態を受け「感染拡大防止の対策は早期に講じてきたが、運用の面が不十分であったと反省しておりま...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ