柔道女子78キロ超級で2018年世界選手権優勝の朝比奈沙羅(パーク24)が9日、栃木県壬生町で独協医大医学部の学生証授与式に出席し、所属先を通じて「闘う医学生」をスローガンに掲げた。東京五輪代表を逃...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ