東京五輪を目指す選手たちは1年程度の延期が決まったことに対し、25日も所属先を通じたコメントなどでさまざまな声を上げた。柔道男子73キロ級の大野将平(旭化成)は「いつ開催になろうと、決められた試合日...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ