国際柔道連盟(IJF)は2日、新型コロナウイルスによる肺炎拡大の影響を受け、中国代表がグランドスラム(GS)パリ大会(8、9日)の出場を回避すると発表した。在中国のフランス大使館が閉鎖され、出場予定...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ