今夏の柔道の世界選手権東京大会で敵対するイスラエルの選手との対戦を棄権するようイラン政府から圧力をかけられた同国の男子81キロ級、サイード・モラエイ選手が23日、大阪市で開催中のグランドスラム大阪大...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ