東京五輪のマラソンと競歩の札幌移転問題が決着したことを受け、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は2日、「苦渋の決断だったと思うが、まとまって良かった」と安堵の表情を浮かべ「準備期間が短く...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ