柔道女子の強豪、山梨・富士学苑高の矢崎雄大監督が上級生による下級生への練習中の暴力行為を黙認していたとして、全日本柔道連盟(全柔連)が6カ月の指導者資格停止処分を科していたことが3日、分かった。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ