柔道の世界選手権(日本武道館)の女子代表が所属するコマツの報告会が9日、東京都内で行われ、57キロ級で2連覇を逃した芳田司は「落ち着いて冷静だったけど隙が出た。勝負の難しさを感じられた闘いだった」と...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ