国際柔道連盟(IJF)は1日、東京で開催された世界選手権男子81キロ級でイラン政府から、敵対するイスラエルの選手との対戦回避のために棄権するよう圧力をかけられたとされるイラン代表のサイード・モラエイ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ