国際柔道連盟(IJF)のマリアス・ビゼール会長は31日、東京・日本武道館で開催中の世界選手権で男子81キロ級イラン代表のサイード・モラエイが同国政府から、イスラエルの選手との対戦を避けるため棄権する...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ