全日本柔道連盟は29日、東アジア選手権(6月1、2日・韓国)に出場する日本代表を発表し、五輪王者の故斉藤仁氏の次男で100キロ超級の17歳、斉藤立(東京・国士舘高)が選ばれた。関係者によると、シニア...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ