【パリ共同】柔道のグランドスラム(GS)パリ大会最終日は10日、男女計7階級が行われ、女子70キロ級で昨年の世界選手権3位の大野陽子(コマツ)が決勝でフランス選手に一本勝ちして優勝した。男子100キ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ