全日本柔道連盟(全柔連)は8日、国際柔道連盟(IJF)のアスリート委員選挙に、男子66キロ級で世界選手権3連覇や五輪2大会連続銅メダルの実績を持つ海老沼匡(27)が立候補したと発表した。28日開幕の...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ