柔道の世界選手権(8~9月・ブダペスト)男子100キロ級代表のウルフ・アロン(東海大)が来春の卒業後に実業団の学校法人了徳寺学園へ進むことが27日、分かった。母校の東海大浦安高と同じ千葉県浦安市を拠...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ