日本レスリング協会の栄和人強化本部長は10日、リオデジャネイロ五輪48キロ級金メダルで1月に左足親指付近の手術を受けた登坂絵莉(東新住建)について、4連覇が懸かる世界選手権(8月・パリ)の代表選考会...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ