日本オリンピック委員会(JOC)は27日の理事会で、選手の肖像権を使ったマーケティング事業の柱に据える2017~18年の「シンボルアスリート」として、スピードスケート女子短距離のエース小平奈緒(相沢...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ