全日本柔道連盟(全柔連)が、同じ年の世界選手権とグランドスラム(GS)東京の両大会で優勝した選手を翌年の世界選手権代表に内定する新たな選考方式を導入する方向であることが4日、分かった。13日の理事会...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ