柔道競技が全て終了した12日、日本男子の井上康生監督は私たち報道陣の前で大粒の涙を流しました。取材ゾーンはテレビカメラ用、ペン記者用と二つに分かれています。テレビ取材中の後ろ姿を見ていた私はその瞬間...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ