リオデジャネイロ五輪の柔道で、金3個を含む史上最多12個のメダルを獲得した日本代表が15日帰国し、成田空港で記者会見に臨んだ。男子73キロ級を制した大野将平選手(24)=旭化成=は「目標としてきた、...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ