柔道のグランプリ大会は3日、タシケントで行われ、男子で100キロ級のウルフ・アロン(東海大)と100キロ超級の西潟健太(旭化成)が優勝した。90キロ級の長沢憲大(東海大)は2回戦で敗退した。(共同...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)