アイスホッケーのアジア・リーグは8日、新型コロナウイルスの影響で今秋開幕を目指していた2020~21年シーズンの年内開催を見送ると発表した。日本、韓国、ロシアから計8チームが参戦。3カ国間の渡航が制...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) アイスホッケーTOPへ