アイスホッケー女子の世界選手権は8日、フィンランドのエスポーで1次リーグが行われ、B組の日本はチェコに1―3で敗れ、1勝2敗となった。0―2の最終第3ピリオドに久保(西武)がゴールを奪ったが、その後...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) アイスホッケーTOPへ