第161回天皇賞・春(3日・京都11R3200メートル芝14頭、G1)昨年の勝ち馬で1番人気のフィエールマン(クリストフ・ルメール騎乗)が3分16秒5で優勝、史上5頭目の2連覇を達成した。G1・3勝...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 競馬TOPへ