2005年に無敗の三冠馬となるなど中央競馬のG1で史上最多タイの7勝を挙げ、30日に17歳で死んだ名馬ディープインパクトについて、デビュー戦からフランスG1、凱旋門賞を含む全14戦で手綱を取った武豊...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 競馬TOPへ