北海道帯広市は15日、同市の帯広競馬場で開かれている「ばんえい競馬」の出走馬のうち5頭に、禁止薬物「テオブロミン」を含む飼料添加物を摂取した可能性があり、15、16日のレースから除外すると発表した。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 競馬TOPへ