岩手県内の競馬場で開かれたレースに出走した馬から相次いで禁止薬物が検出された問題で、レースを休止している県競馬組合(管理者・達増拓也知事)は16日、組合議会を開き、本年度の収支は黒字を達成できる見込...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 競馬TOPへ