重量挙げ94キロ級。ジャークで162キロを挙げた札琴似工の松本は、両手でガッツポーズをつくってほえると、左手の人さし指を突き上げた。「長かった。やっと優勝できた」。トータルで2位に15キロ差をつける...[記事全文]